ロームの無線モジュールの知っておきたい基礎知識

ロームの無線モジュールはスマートコミュニティを進める上で非常に有効な機能を有しているものです。スマートコミュニティとはさまざまな先進技術を融合させ生活環境の改善を図るとともに人々が孤立しがちな現代社会いにおいて相互の連携を深めるための情報の共有を図り、有効な活動を行うことを目標としています。その有効なインフラの一つとして無線が注目されており、通常利用されない特殊な周波数帯を利用することで情報の伝達効率や即応性を高め、かつさまざまな用途に効果的に利用することで様々な情報を効果的に伝達し、情報共有を密にする上で重要な役割を果たすものとして期待されています。しかし、この無線技術はこれまでにない高い技術と利便性が要求されることから非常に実現が難しい側面もあります。

高周波を扱い易くするための技術が搭載されています。

スマートコミュニティにおいて利用される無線の周波数帯は920MHzと比較的高い周波数帯を使用することから、その伝達性が高い反面干渉による影響も受けやすい点が大きなデメリットとなっています。その為、干渉を防ぐとともに効果的に情報を伝達する機能を備えていることが重要になります。ロームの無線モジュールに於いては干渉と使いやすさを両立するためにさまざまな配慮がされています。アンテナや様々な仕組みを一体化し干渉を防ぐケースの中に封入して安定性を保っているほか、出力も確実に調整して出荷していることからすぐに利用出来るほか、インターフェイスも基板にそのまま実装できるものの他USBに接続できるタイプも用意されており用途に応じて自在に使い分けることが可能となっています。

無線規格に完全に適合しているのが大きな特徴です

無線は伝送設備が不要で様々な場所で利用出来る点が大きな魅力となっていますが、他のシステムに影響を与える可能性が有るため使用に一定の制限が与えられる場合も少なくありません。特にスマートコミュニティが実現される都心部ではさまざまな電子機器が既に動作を行っており、これらの機器に対する悪影響を十分に考慮した物でないとなかなか利用できないものとなってしまうことが少なくありません。ロームの無線モジュールでは日本の無線規格に合致し、他のシステムに影響を与えない仕様で有る事が確認されているため、安心して利用出来る点が大きなメリットです。又、必要なマイコンやファームウェアなども同時に提供されるため、すぐに利用することができるほか、システムに組み込むことも容易に行える点が大きなポイントです。