ロームの無線モジュールの特徴と使い方

世の中に広く使われている製品が情報の共有をするようになりました。IoTと呼ばれるその現象は生活を便利にすることができることから今後も発展していくことが見込まれています。その技術を支えているのが無線環境です。それぞれの製品が無線通信することが可能となり情報を発信しています。従来では人を介して行われていたことが自動で定期的に行われるようになり、意識することなくそのサポートを受けることができます。そのためにはそれぞれの製品に合わせた無線モジュールを埋め込むことが必要になります。大きさや電源電圧、周波数帯などさまざまな種類のものが流通しています。国内で無線を利用する場合は電波法の規制を遵守する必要もあります。ロームの製品はそのようなニーズに応えることができます。

さまざまな無線規格を幅広く対応

無線の規格には用途に合わせてさまざま設定されています。電波の周波数やデータの通信速度などによって適応する規格が違います。近距離の機器同士の通信を目的としているのがBluetoothです。同じ周波数帯を使って複数の機器との通信を可能とするのがZigBeeです。電池なしに通信することができるEnOceanや広く普及しているWiFi、100mを超える無線通信を可能とする特定省電力のWI-SUNなどがあります。それぞれ特徴が異なるため用途によって使い分けされます。ロームの無線モジュールはその全てについて対応した製品を提供しています。また全ての製品が国内の電波法の規制に関する認証を取得済みです。使用する機器に合わせて電圧やサイズ、形状を選ぶことができます。

自社開発による充実のサポート体制

無線モジュールを扱うに当たって必要なのがサポート体制です。使いたい製品を入手して組み込んでみてもうまく動作しない場合、その解決には時間を要してしまいます。ロームでは自社開発のICを利用しているためサポート体制が充実しています。ハードウェア仕様書やソフトウェア開発仕様書などのドキュメント提供やサンプルプログラムの提供などが利用できます。また更新情報をいち早く受け取ることができるメール配信も受けることができます。無線モジュールを扱うに当たって重要なことは安定供給です。製品の切り替えは設計変更を必要とするおそれがあります。ロームはICを自社で開発しているため使用部品の入手ができないなどの理由による供給停止がありません。長期的な安定供給が受けられるため安心して利用することができます。